twitter

【ビジネスプラン】SocialDog(ソーシャルドッグ)で使える全ての機能を紹介

この記事について

Twitterの運用を自動化、効率化できるツール「SocialDog(ソーシャルドッグ)」の最上級プラン「ビジネスプラン」で使える全機能のご紹介。

こんな方におすすめ

  • Twitterアカウントの毎日の運用の手間を減らしたい
  • Twitterのフォロワーを増やしたいけど、どうしたらいいかわからない
  • Twitterのフォロワーを整理したい
  • 興味のあるキーワードをツイートしているユーザーを探したい
  • 決めた時間に合わせて予約ツイートをしたい

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)のレビュー記事はこちら

SocialDog(ソーシャルドッグ)を活用してTwitter運用を効率化&自動化

続きを見る

 

スポンサーリンク

ビジネスプランを契約して本気でTwitterの運用

 

担当者さんから紹介のご依頼をいただいたことをきっかけに、数年ぶりに使うことになったSocialDog(ソーシャルドッグ)。

とりあえずお試しという形でフリープランを使用してきました。

 

しかし、ソーシャルドッグの高度な分析や、多彩な機能を知れば知るほど、もっと使い込んでみたいと思うように。

 

 

停滞気味のTwitterのアカウントを立て直すいい機会でもあるので、思い切って企業向けの最上級プラン「ビジネスプラン」を個人で契約してみました。

価格は月額12,800円と、決して安くはありません。

投資以上の効果を得られるよう色んな機能を使い倒し、参考になればと全ての機能をご紹介したいと思います。

 

ちなみに、ソーシャルドッグのビジネスプランで使える機能は次の通りです。

 

ツイート管理

  1. 予約投稿

  2. 予約リツイート

  3. スレッド形式でのツイート

  4. 一括予約

  5. 予約枠

  6. RSS自動投稿設定数

  7. RSS自動投稿取得間隔

  8. ハッシュタグ検索(beta)

受信箱

  1. 受信箱

  2. @ツイート

  3. キーワードモニター

  4. キーワードモニター取得間隔

  5. キーワードモニター取得数上限

フォロー管理

  1. 基本的なフォロー管理

  2. フォローの1日の上限

  3. フォロー解除の1日の上限

  4. いいねの1日の上限

  5. リツイートの1日の上限

  6. ミュート

  7. ブロック

  8. 非表示リスト

  9. 保護リスト

  10. クイックフィルター

  11. 高度なフィルター

  12. 基本的な並べ替え

  13. 高度な並べ替え

  14. リツイートしてくれた(beta)

  15. ツイートへの反応(beta)

分析

  1. 基本的な指標の推移

  2. フォロワー獲得分析

  3. フォロワー分析(従来)

  4. フォロワーの興味・関心(従来)

  5. フォロワーのフォロー継続率(従来)

  6. ツイート分析

  7. ツイート曜日・時間帯別分析

  8. メディア分析

  9. ハッシュタグ分析

  10. ツイート種類別分析(従来)

  11. ツイート時間別分析(従来)

  12. レポート

  13. 分析可能期間

その他

  1. Slack通知

  2. 投稿カレンダー共有

  3. CSVダウンロード

  4. Twitterアカウント数上限

  5. 複数ユーザーでの管理

 

計50以上の機能を自在に使うことができます。

19の機能を使える無量プランと比べてもすごいボリューム✨

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)機能1「ツイート管理」

 

予約投稿やRSS自動投稿など、投稿に関する機能が揃っています。

ツイートしたい時間帯に忙しい場合でも、前もって予約しておけば安心^^

 

ツイート管理

  1. 予約投稿

  2. 予約リツイート

  3. スレッド形式でのツイート

  4. 一括予約

  5. 予約枠

  6. RSS自動投稿設定数

  7. RSS自動投稿取得間隔

  8. ハッシュタグ検索(beta)

 

予約投稿

 

先に投稿文を作っておいて、指定した時間にツイートを予約できる機能。

 

プラン別にできること

投稿予定に設定できる投稿件数の上限

Liteプラン(無料)10件
Lite+プラン30件
Proプラン無制限
Businessプラン無制限

 

 

シンプルで見やすい投稿画面。

投稿の予約日時は画面下のカレンダーが設定できます。

投稿前にスマホとデスクトップ別にどういう風に見えるか、リアルタイムで確認できるのも嬉しい🌟

 

予約リツイート

 

有料プランの限定機能ですが、投稿に対するリツイートも予約が可能。

拡散したい過去の自分の投稿も定期的にツイートできるのもポイント!

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

 

投稿予約と同じ感覚で使うことができます。

ツイートにコメントをつけてリツイートする「引用リツイート」も可能。

 

スレッド形式でのツイート

 

投稿にリプライ(返信)をする形でスレッドのようにしたツイートの投稿もできます。

1回の投稿で文字数が足りないときや、画像を5枚以上使いたいときなどにおすすめ。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

 

1回1回投稿にリプライする手間が省けて便利^^

 

一括予約

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)では、投稿を文を書いたCSVファイルを読み込んで、まとめて予約投稿を行うこともできます。

商品やサービスの紹介や、毎日の定期的なツイートで1回ずつ予約するのが大変な予約投稿をまとめてできるので、かなり効率化できます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

CSVファイルも最初から作らずフォーマットをダウンロードできる親切仕様🌿

投稿したい時間と日時をフォーマットに合わせて書いていくだけでOK

 

読み込み時の確認画面。絵文字や改行も反映されます。

 

予約設定をすると、通常の投稿予約と同じ形に!

 

非常に便利な機能ですが、企業向けのProプランとBusinessプランでしか使えない点に注意⚠️

 

予約枠

 

よくツイートする時間や曜日を「予約枠」に登録しておくことで、予約投稿画面に登録した日時の投稿フォームがデフォルトで表示されるので、毎回カレンダーから選択しなくてもスムーズに予約投稿ができる便利な機能。

 

プラン別にできること

設定上限数

Liteプラン(無料)7
Lite+プラン35
Proプラン無制限
Businessプラン無制限

 

無料プランだと7枠までしか登録できないため、1日に何回も投稿する時間がある場合は少し心許ない。

ProプランとBusinessプランでは無制限に設定できるため、枠の上限を心配する必要がありません。

 

 

最初から登録した時間の予約投稿フォームが用意されているので、時間を選択しなくてもツイートしたい内容を入力するだけ^^

 

RSS自動投稿設定数

 

RSSをSocialDog(ソーシャルドッグ)に登録しておくと、ブログ記事やニュースリリースが更新された時に、自動でその内容をツイートすることができます。

 

RSS自動投稿の設定画面。

新しい記事があるかどうか情報を取得する頻度や1回・1日あたりの上限件数、投稿内容など、細かく設定することができます。

 

自動投稿される件数の上限はプランによって異なります。

 

プラン別にできること

設定可能上限数

Liteプラン(無料)3
Lite+プラン10
Proプラン100
Businessプラン100

 

ブログのフィードURLを入力すると、早速更新したブログ記事が取得されました。

 

Businessプランだと、100件が上限になります。

 

RSS自動投稿取得間隔

 

RSS自動投稿の設定画面で選択できる、新しい記事があるかどうか情報を取得する頻度を設定できます。

 

プラン別にできること

取得時間間隔

Liteプラン(無料)1時間
Lite+プラン1時間
Proプラン1時間
Businessプラン5分

 

Businessプランは5分に1回の頻度で更新情報を取得できるため、よりリアルタイムに近いタイミングで自動投稿することができます。

 

ハッシュタグ検索(beta)

 

よく使われる20万件のハッシュタグの中から目的にあったものが検索できる、Businessプランだけの限定機能✨

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

フォロワーを増やしたいときや、趣味の仲間に見つけてもらいたいときなど、目的によってどんなハッシュタグを使えば良いかがわかります。

 

いいね」を含むハッシュタグで検索してみた例。

そのハッシュタグを使ったツイートがどれくらいいいね・リツイートされているかや、どんなハッシュタグがよく使われているかなどが一目瞭然!

 

 

スポンサーリンク

SocialDog(ソーシャルドッグ)機能2「受信箱」

 

自分のツイートに対する返信や、設定したキーワードに関するツイートが取得できる「キーワードモニター」など、5つの機能があります。

 

受信箱

  1. 受信箱

  2. @ツイート

  3. キーワードモニター

  4. キーワードモニター取得間隔

  5. キーワードモニター取得数上限

 

受信箱

 

受信箱は、自身のアカウントについてツイートされた「@ツイート」や、設定したキーワードを含むツイートを抽出する「キーワードモニター」で取得したツイートがリスト形式で表示されます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

受信箱の機能自体は全てのプランに付いています。

 

ツイートを行ったアカウント情報も見ることができるので、その場でフォローやフォロー解除することもできます。

 

@ツイート

 

自身のアカウントついてのツイートや、返信で使われる「@ツイート」を抽出して、リスト表示します。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

ツイートを見ることはもちろん、返信やリツイート、いいねをその場で送ることもできます。

 

 

キーワードモニター

 

設定したキーワードを含むツイートを抽出する「キーワードモニター」で取得したツイートがリスト形式で表示されます。

@ツイートと同様に返信やリツイート、いいねを送ることも可能。

 

プラン別にできること

設定できるキーワードの数

Liteプラン(無料)3
Lite+プラン100
Proプラン100
Businessプラン100

 

プランによって異なるのはキーワードをいくつ設定できるか。

下の画像では「ブログ更新」「料理」2つのキーワードを設定していますが、無料のプランでは3つまで、Lite+プラン以上の有料プランでは100個まで設定することができます。

 

 

キーワードモニター取得間隔

 

キーワードモニターで設定するキーワードを取得する時間の間隔を設定することができます。

 

プラン別にできること

キーワードの取得時間間隔

Liteプラン(無料)1日
Lite+プラン1時間
Proプラン5分
Businessプラン5分

 

無料プランでは1日1回取得するのに対し、ProプランとBusinessプランでは5分に1回取得するため、ほぼリアルタイムで気になるキーワードを含むツイートを取得することが可能。

 

何かのサービスや商品を展開している場合、見込み客が悩みをツイートしたタイミングですぐに検知してアプローチすることもできます。

 

キーワードモニター取得数上限

 

1日あたりに取得できるキーワードの上限も、プランによって大きく異なります。

 

プラン別にできること

1日のキーワード取得上限数

Liteプラン(無料)30
Lite+プラン500
Proプラン5000
Businessプラン50000

 

無料プランでは1日あたり30件しか取得できませんが、ProプランとBusinessプランでは何と50000件も取得が可能。

 

狙っているキーワードに関するツイートの取りこぼしを防げる可能性が格段に上がります✨

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)機能3「フォロー管理」

 

フォローやフォロー解除、ミュート、ブロックなど、アカウントに対するアクションの管理ができる機能。

フィルターや並べ替えといった作業を効率化させてくれる便利機能も含めて、15の機能があります。

 

フォロー管理

  1. 基本的なフォロー管理

  2. フォローの1日の上限

  3. フォロー解除の1日の上限

  4. いいねの1日の上限

  5. リツイートの1日の上限

  6. ミュート

  7. ブロック

  8. 非表示リスト

  9. 保護リスト

  10. クイックフィルター

  11. 高度なフィルター

  12. 基本的な並べ替え

  13. 高度な並べ替え

  14. リツイートしてくれた(beta)

  15. ツイートへの反応(beta)

 

基本的なフォロー管理

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)では、ツール上からフォローやフォロー解除などのアクションを行うことも可能。

1回1回ツイッターを開いて、アカウントを見に行く手間が省けます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

こちらがフォローしていないアカウントや、フォローバックされていないアカウントがリストでわかるので、その場でフォローやフォロー解除を行うことができます。

 

フォローの1日の上限

 

ツール上からフォローできるアカウントの数がプランによって異なります。

 

プラン別にできること

1日の上限

Liteプラン(無料)25
Lite+プラン250
Proプラン上限なし
Businessプラン上限なし

 

無料プランでは1日25フォローまでしかできないので、少し物足りない印象。

アクティブなユーザーであればすぐに消化してしまうので、上限なしのProプランもしくはBusinessプランすることをおすすめします。

 

フォロー解除の1日の上限

 

フォロー解除もアカウントの数がプランによって異なりますが、フォロー数と少し異なります。

 

プラン別にできること

1日の上限

Liteプラン(無料)100
Lite+プラン1000
Proプラン上限なし
Businessプラン上限なし

 

ProプランとBusinessプランでは上限がありませんが、無料プランで1日100件までフォロー解除ができるため、フォロー数よりは少し多め。

 

いいねの1日の上限

 

受信箱で取得したツイートに対して、いいねもツール上からつけることができます。

1日の上限数次の通り。

 

プラン別にできること

1日の上限

Liteプラン(無料)10
Lite+プラン100
Proプラン上限なし
Businessプラン上限なし

 

フォローやフォローバック以上に多く使う機能だと思うので、無料プランの10回やLite+プランの100回でも少し足りないかもしれません。

しかし、いいねはツイッター上でも簡単につけることができるので、必要かどうかはユーザー次第といったところ。

 

 

リツイートの1日の上限

 

ツール上からリツイートができる1日あたりの上限回数は次の通り。

 

プラン別にできること

1日の上限

Liteプラン(無料)10
Lite+プラン100
Proプラン上限なし
Businessプラン上限なし

 

いいねほど多用することはないものの、無料プランの10回では少し心許ないところ。

 

 

ミュート

 

フォローはしたままで投稿がライムラインに流れてこなくなる「ミュート」の設定も、詳細画面から行うことができます。

無料プランのみ使用ができません。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

相互フォローはしたままでいたいけど、投稿内容にあまり興味がない時や、あまりにも投稿頻度が多くて困るアカウントに設定するっと良い機能。

 

ブロック

 

「ブロック」も、ミュートと同じ詳細画面から行うことができます。

こちらも無料プランのみ使用ができず、Lite+プラン以上で使えます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

ツイッター開いてプロフィール画面に行かなくても、ワンクリックで設定できます。

 

非表示リスト

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)上で表示したくないアカウントを「非表示リスト」に登録することができます。

Lite+プラン以上の有料プランでのみ使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

あくまでツール上で表示されないようになるだけで、ツイッターを開くと普通に表示されます。

ツイッター上でも表示されないようにしたいときはミュートやブロックをしましょう。

 

保護リスト

 

フォロー解除したくないユーザーを登録しておくための機能。

非表示リストと同様に、Lite+プラン以上の有料プランでのみ使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

フォローやフォロー解除を単純作業化していると、本当はフォロー解除してはいけないアカウントのフォローをうっかり外してしまうことも。

そんな事故を防ぐために、大切なアカウントは保護リストに登録しておきましょう。

 

保護リストもツール上のみの機能で、ツイッター上ではフォロー解除できてしまうため注意。

 

クイックフィルター

 

フォロワーリストの中から、「フォロワー1000人以上」「アクティブアカウントのみ」などの簡単な条件で絞り込みをすることができます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

多くのアカウントの中から1つずつ見ていかなくても瞬時に条件に当てはまるアカウントを探し出すことができるので便利。

無料プラン含む全てのプランで使用可能。

 

クイックフィルターで設定できる条件は次の通り。

  • フォロワーのみ
  • フォローしていないユーザーのみ
  • フォローしたことがないユーザー
  • フォローリクエストを送って承認待ちのユーザーを除く
  • フォロワー数1000人以上
  • アクティブユーザーのみ
  • ブロックしているユーザーを除く
  • ミュートしているユーザーを除く

 

高度なフィルター

 

クイックフィルターよりもさらに細かく高度な条件で絞り込みをすることができる機能が「高度なフィルター」。

Lite+プラン以上の有料プランでのみ使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

抽出できる条件は30以上。

プロフィールの内容やFF比較(フォロー数とフォロワー数の比較)など指定した言葉や数値で検索をかけて絞り込むことができます。

 

基本的な並べ替え

 

フォロワーリストの中から、「新しくフォローされた順」「フォロワー数が多い順」などの簡単な条件で並べ替えをすることができます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

無料プラン含む全てのプランで使用可能。

 

並べ替えができる条件は次の通り。

  • 新しい順
  • 古い順
  • フォロー数が多い順
  • フォロー数が少ない順
  • フォロワー数が多い順
  • フォロワー数が少ない順
  • ツイート数が多い順
  • ツイート数が少ない順
  • FF比が多い順
  • FF比が低い順
  • FF比が1に近い順
  • ツイート日が新しい順
  • ツイート日が古い順
  • ツイッター開始日が新しい順
  • ツイッター開始日が古い順

 

ただし公式サイトによると、フォロワー数やFF比の条件は次の「高度な並べ替え」の機能に書かれているため、何かの不具合で今は無料プランで選択できるようになっているだけで、今後は選択できなくなる可能性もあります。

 

高度な並べ替え

 

「基本的な並べ替え」よりも、自由な条件で並べ替えができるようになります。

有料プランのみの機能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

有料プランのみの機能ですが、選択できる条件が無料プランの時と変わっていないようにも見えます。

不具合なのか、それとも見る場所が違っているのでしょうか。。

 

リツイートしてくれた(beta)

 

新しく実装された機能で、自身のツイートをリツイートしてくれたアカウントを一覧で確認することができます。

企業向けのProプランとBusinessプランのみ対応。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

自分のツイートやアカウントに興味を持っているユーザーが一目でわかります。

相手のツイートをリツイートし返してあげると喜ばれるかもしれません。

 

ツイートへの反応(beta)

 

こちらも新機能で、「いいね」「リツイート」「リプライ」など、何らかの反応をしてくれたアカウントを一覧化することができます。

最上級のBusinessプランのみ対応。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

自身の発信に興味をもってくれているユーザーを確認できます。

積極的に繋がりにいきましょう。

 

スポンサーリンク

SocialDog(ソーシャルドッグ)機能4「分析」

 

自身のツイートやフォロワーに関するデータをあらゆる観点から分析することができます。

グラフや図表を用いて分かりやすく結果がわかる、ocialDog(ソーシャルドッグ)の中でも特に有効活用したい機能の1つ。

全13の機能から構成されています。

 

分析

  1. 基本的な指標の推移

  2. フォロワー獲得分析

  3. フォロワー分析(従来)

  4. フォロワーの興味・関心(従来)

  5. フォロワーのフォロー継続率(従来)

  6. ツイート分析

  7. ツイート曜日・時間帯別分析

  8. メディア分析

  9. ハッシュタグ分析

  10. ツイート種類別分析(従来)

  11. ツイート時間別分析(従来)

  12. レポート

  13. 分析可能期間

 

基本的な指標の推移

 

フォロワー数やフォロー数、FF比などのアカウント情報がグラフになっているので、アカウントの今の状況や推移が一目でわかります。

無料プラン含め全てのプランで使えます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

フォロワー数、フォロー数、FF比、新規フォロワー数、新規フォロー数、フォロワー解除数の設定した期間内の情報がグラフで表示。

増えているのか、減っているのか、横ばいなのかがすぐにわかります。

 

フォロワー獲得分析

 

フォロワー数に焦点を絞った分析項目。

フォロワーがいつ、どれだけ増減したかをグラフで読み取れます。

企業向けのProプラン、Businessプランに対応。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

カラフルな棒グラフと折れ線グラフで日ごとの増減が一目でわかるため、分析が捗ります。

曜日や日にちに法則性が見つかることも。

 

フォロワー分析

 

ツイートの頻度やフォロワー数、性別や運用歴など、様々な観点からフォロワーを分析することができます。

Lite+プラン以上の有料プランで使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

自分のフォロワーにはどんなユーザーが多いのかが13の属性から円グラフで分析できます。

この機能なしで分析しようとすると非常に手間がかかるため、この機能を使うためだけでも有料プランにグレードアップする価値はあると感じました。

 

分析できる属性は次の通り。

  • 公開アカウントか非公開アカウントか
  • ツイート数
  • フォロワー数
  • フォロー数
  • 自分か相手、どちらからフォロー数したか
  • いいね数
  • リストの作成数
  • アカウントの作成年
  • 性別
  • 年齢
  • Botか手動か
  • 成人向けコンテンツかどうか
  • 広告・宣伝用のアカウントかどうか

 

フォロワーの興味・関心

 

フォロワーのアカウント名やプロフィール文、設定した場所を集計してどんなことに関心を持っているフォロワーが多いのかをワードクラウド形式で表示した面白い機能。

ProプランかBusinessプランを契約していると使えます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

相互フォロー」や「フォロバ」が多め。

こちらから相互アカウントをフォローしたことはあまりないですが、反対にフォロー返しはほぼ全てしているので、必然的に多くなったことが伺えます。

blog」はよく発信しているので納得ですが、「youtube」はあまり意識していないワードのため予想外でした。

見てみることで思わぬ発見があるかもしれません^^

 

フォロワーのフォロー継続率

 

フォローされてから、どれだけの期間解除されず継続しているが時系列でわかる機能。

Proプラン以上で使用できます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

せっかくフォローされても、すぐに解除されてしまうのは悲しいもの。

もしも現状早い段階で解除されていることがわかっても、改善に向けて手を打つことができるので、ぜひとも確認しておきたいものです。

 

ツイート分析

 

ツイートに対する返信、リツイート、いいねなどのエンゲージメントをグラフで表示。

最上級のBusinessプランのみ使用できる機能です。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

日ごとの結果を分析できるので、改善ポイントがみつかりやすい。

増減の推移も一目瞭然。

 

ツイート曜日・時間帯別分析

 

日ごとだけではなく、反応があった曜日や時間帯も確認することができます。

こちらもBusinessプランのみ使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

最も反応があった時間帯や曜日が件数ベースで明確にわかるので、反応が得たいツイートを予約投稿する日時を決める指標になります。

休日夜に多くの反応があると思っていたけど実際は平日朝の方が多く見られてた、なんていう気付きもあってすぐに活かせる機能です。

 

メディア分析

 

ここでいうメディアとは画像や動画、GIFなど。

メディアありなしの割合やそれぞれのメディアを含むツイートに対するエンゲージメント数を分析することができます。

Businessプランだけの機能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

メディアの種類別平均エンゲージメントや、日ごとの種類別エンゲージメント、ツイートごとのエンゲージメントも確認可能。

どういった画像や動画を使ったツイートに反応があるかを細かく分析することができます。

 

ハッシュタグ分析

 

ハッシュタグを使ったツイート情報を取得して分析する機能。

使えるのはBusinessプランのみ。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

ハッシュタグ付きツイートの回数や使ったハッシュタグの数、ハッシュタグの有無によるエンゲージメントの違い、どんなハッシュタグを使ったツイートが反応を得られているかなどを分析できます。

多く反応を得ているハッシュタグを知って、活用しましょう!

 

ツイート種類別分析

 

自身のツイート、返信、いいね、リツイート、平均エンゲージの数が表示。

Lite+プラン以上の有料プランで確認できます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

それぞれのツイート種別を見比べることができるため、どのツイート方法にどんな反応が多く得られているか分析することができます。

平均エンゲージはいいね+返信+リツイートの数をツイート数で割った数値。

 

ツイート時間別分析

 

時間別のツイート回数や反応が得やすい時間帯を分析できる機能。

ProプランとBusinessプランで使用できます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

どの時間に多くツイートしているかや、多くいいねやリツイートされた時間帯を知ることができます。

何かしらの反応が得られた時間帯別平均エンゲージメント回数もグラフで確認することが可能。

 

レポート

 

フォロー数やFF比、いいね数など、SocialDog(ソーシャルドッグ)で分析できる条件に合った数値を、1つの表でまとめて確認することができます。

ProプランとBusinessプランで使える機能です。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

表は1つでシンプルですが、条件に加えて日ごと・週ごと・月ごとの設定、分析期間の設定も可能。

知りたい情報を知りたい範囲内でピンポイントに確認することができます。

 

分析可能期間

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)の分析機能では、いつからいつまでの範囲の情報を取得するか、期間を指定することができます。

この期間をいつまで遡ることができるかもプランによって異なります。

 

プラン別にできること

いつまで遡って分析できるか

Liteプラン(無料)3ヶ月
Lite+プラン1年
Proプラン2年
Businessプラン無制限

 

しっかりと分析するのであれば、最低でも1年分のデータは確認したいところ。

 

ただし、1つだけ注意点があります。

フォロワー数など一部、SocialDog(ソーシャルドッグ)登録前の情報が見られないということ。

下の画像ではTwitterを始めた2016年以降の情報を取得していますが、初めてSocialDog(ソーシャルドッグ)を登録したのが2018年になるため、それ以前の情報は確認できないようです。

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)機能5「その他」

 

ここまで紹介してきたカテゴリに当てはまらない機能を5つ「その他」の機能としてご紹介します。

 

その他

  1. Slack通知

  2. 投稿カレンダー共有

  3. CSVダウンロード

  4. Twitterアカウント数上限

  5. 複数ユーザーでの管理

 

Slack通知

 

最近CMで見るようになりユーザーが増えてきたビジネスチャットツールのSlackと連携することも可能です。

キーワードモニターで取得したキーワードを含むツイートや、フォロワー数の推移が通知されます。

Lite+プラン以上の有料プランで使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン
Proプラン
Businessプラン

 

Slackでは、デイリーレポート、キーワードモニターの新着ツイート、新着@ツイート、ウィークリーレポートの4つの通知が設定可能。

 

Slackの通知画面✏️

 

4つの項目全て通知されるすると、設定によってはかなりの頻度で通知が鳴ります💦

本当に確認したい必要最低限の通知だけがくるよう設定することをおすすめします笑

 

投稿カレンダー共有

 

GoogleカレンダーやOutlookなど、各種カレンダーアプリとの共有もできます。

投稿予約したツイートや、投稿済みのツイートがカレンダーで確認できるようになります。

ProプランとBusinessプランで使用可能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

Googleカレンダーと連携してみました。

定期的に投稿する必要がある場合等、カレンダーに表示されていると予約漏れや内容のミスを防止できて便利。

 

CSVダウンロード

 

フォロワーやツイートなどの情報をCSV形式でダウンロードすることができます。

ProプランとBusinessプランで使用できます。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン
Businessプラン

 

ダウンロードしたCSVファイル。

 

全体数はもちろん、フィルターで絞り込んだ件数のデータをダウンロードすることも可能。

条件に合ったユーザーに対して、複数人のチームで個別で連絡を取るときにあると役割分担がしやすくて便利そうです。

 

Twitterアカウント数上限

 

無料プランでは、1つのTwitterアカウントしかSocialDog(ソーシャルドッグ)に紐づけることしかできません。

Lite+プラン以上の有料プランでは、最大50アカウントまで使用することが可能です。

 

プラン別にできること

連携できるTwitterアカウント数

Liteプラン(無料)1
Lite+プラン1~50
Proプラン1~50
Businessプラン1~50

 

有料プランにすることで、複数のTwitterアカウントを登録することが可能。

しかし、アカウントの数だけ料金がかかる点は注意。

 

複数ユーザーでの管理

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)に設定した1つのTwitterアカウントを複数のユーザーで使用することもできます。

Businessプランでのみ使える機能。

 

プラン別にできること

機能が使えるかどうか

Liteプラン(無料)×
Lite+プラン×
Proプラン×
Businessプラン

 

最大100名での管理が可能で、「オーナー」と「メンバー」の2つの権限が設定できます。

新しく追加されたユーザーが有料プラン限定の機能を使う場合は、そのユーザーも該当の有料プランを契約する必要があるので注意。

 

 

最後に

 

Twitterの運用を自動化、効率化できるツール「SocialDog(ソーシャルドッグ)」で最上級の有料プラン「ビジネスプラン」を契約したので、全ての機能を実際に使ってみて紹介しました。

有料プランへのグレードアップを検討する参考になれば幸いです。

 

かなりのボリュームがありましたが、最初から全ての機能を使いこなすのは難しいもの。

今回紹介した中で、あなたがTwitterの運用で成功するためにどの機能が必要かをまずはピックアップしてみましょう。

そして、目標を達成するために十分な機能を備えたプランにグレードアップすることをおすすめします。

 

 

使用した中では、もちろん制限なくより多くの機能を使える「ビジネスプラン」がおすすめですが、必要ないのに高いお金を払って運用する必要はないと思っています。

まずは無料プランやLite+プランから試してみて、より自由にたくさんの機能を使いたくなったらアップグレードするという方法でも良いでしょう🔺

 

どんな進め方にしても、SocialDog(ソーシャルドッグ)は分析や効率化のツールとしては非常に優秀なので、ぜひ有効活用してTwitterの運用を成功させたいですね^^

\スマートで効率的な Twitter アカウント運用ツール/

公式サイト

※無料で使える機能も充実!

 

もしもこの記事でわからなかったことやもっと詳しく知りたいこと等ありましたら、お気軽にお問い合わせください✏️

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)のレビュー記事はこちら

SocialDog(ソーシャルドッグ)を活用してTwitter運用を効率化&自動化

続きを見る





-twitter

© 2021 ポンサラの逆襲