instagram

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのギャラリーを作り込む

投稿日:

 

前回までのインスタ講座で

フィード投稿」と「ストーリー投稿

について解説し

投稿のポイントについては押さえました。

 

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのフィード投稿のポイント

  インスタグラム運営第3弾では インスタのメインコンテンツである「フィード投稿」について 解説していきます。   第1弾、第2弾はこちら✏️   思い ...

続きを見る

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのストーリー投稿のポイント

  今回は、インスタグラム投稿の中で フィード投稿と並ぶメインコンテンツの ストーリー について解説していきます。   前回のフィード投稿についてはこちら   普段からフ ...

続きを見る

 

これまでは個別投稿にフォーカスしてきましたが

それらを組み合わせた全体的なビジュアル

大切な要素になります✏️

 

投稿の順番を調整したり

先を見越して計画的に投稿する必要があるので

少し難易度はあがりますが

ここで解説する「ギャラリー」を工夫することで

よりあなたのインスタを魅力的にすることができます✨

 

 

ギャラリーとは

 

まずギャラリーとは何か。

明確にギャラリーという機能があるわけではありませんが

プロフィールに表示される、3列に並んだこれまでの投稿写真や動画

のことです。

 

赤枠に並んだ9枚の写真がギャラリーです。

 

投稿した数だけ上に積み重なっていき

下にスワイプすることで過去の投稿をさかのぼって見ることができます。

 

 

ギャラリーで第一印象が決まる

 

個別投稿やストーリーに興味を持ち

プロフィールを見にきた時にまず目に入るのが

自己紹介文ギャラリーになります。

 

自己紹介文の大切さはすでにプロフィール作成編でもお伝えしていますが

人の目には文章よりも写真や画像の方が印象強く焼きつくようになっているので

ほとんどの人はプロフィールに入ったらまずギャラリーを見ます

 

 

その時の印象によって

もっと見てもらえるかそのまま引き返してしまうかが決まることも

少なくありません。

 

そのまま引き返してしまっては

ファンになってもらえることはほぼないため

より興味をもちファンになってもらうために

ギャラリーを工夫したいところです。

 

 

興味を引くギャラリーを作るポイント

 

プロフィールを訪れた人に興味を持ってもらえる

ギャラリーを作るための3つのポイントを解説します🎨

 

・投稿ジャンルにテーマを持たせる

・雰囲気に統一感を持たせる

・余白でバランスをとる

 

左が3つのポイントを意識したギャラリー、

右が意識していないギャラリーです。

 

3つのポイントを意識した方

意識していない方

 

どちらの方が見やすく、どんなことを投稿しているのか

一目瞭然です。

 

投稿ジャンルにテーマを持たせる

 

インスタグラムに投稿される写真や動画は

ファッションペットグルメ風景など

様々なジャンルがあります。

 

このジャンルを出来るだけ統一して

アカウントにテーマを持たせることで

ギャラリーが綺麗になり

どんな投稿をしているのか的確に伝わりやすくなります。

 

 

ユーザーの中には、投稿メインの人ばかりではなく

情報収集をしていたり同じ趣向、好みを持つ人と繋がりたくて

インスタグラムを使っている人もいます。

 

ギャラリーにテーマがある

同じようなジャンルに興味がある人や

テーマにマッチした商品やサービスを展開する企業の担当者に

ファンになってもらいやすくなります

 

比較

 

上で比較した2つのギャラリーからも

テーマを持たせることの重要性がはっきりとわかるので

見比べてみましょう。

 

まず、ポイントを意識していないギャラリーです。

 

食べ物の投稿があったり

可愛い動物がいたり

野球をしていたり

風景でも昼間と夜景どちらもあったりと

何やらごちゃごちゃしています。

 

見た人からすると

普段の日常、好きな写真をただ投稿しているように見え

テーマがあるようには思えないでしょう。

 

続いて、ポイントを意識したギャラリーの場合。

 

食事、それもお肉を使った料理の写真がずらりと並んでいて

プロフィールを見なくてもお肉が好きなんだとはっきりわかります。

 

嫌いなものばかりを投稿する人は普通いないですもんね笑

 

さらにお肉に限らず

食べることが好きな人飲食店を経営している人

レストランを探している人たちにも

刺さる可能性が大いにあります✨

 

 

ジャンルを絞り込みすぎて投稿する写真が尽きてしまい

やるきが無くなった...

 

なんてことにはなってほしくないので

ラーメンだけ」「東京タワーだけ」のように

絞り過ぎる必要は全くありません笑

 

しかし、ある程度投稿の方向性が定まってテーマが見えていると

長く付き合っていけるようなファンがたくさんできやすいので

何度か投稿して慣れてきたあたりに

ギャラリーのジャンルを意識してみてはいかがでしょうか^^

 

雰囲気に統一感を持たせる

 

ジャンルにテーマを持たせることで

ある程度雰囲気を合わせることができます。

 

しかし、さらにギャラリーを強力にするために工夫したいのが

明るさ」「色合い」の2要素。

 

比較

 

ここでも2つのギャラリーを比較してみます。

 

まず、ポイントを意識していないギャラリー

 

色合いがバラバラで統一感が感じられません。

明るい写真と暗い写真が混在していて目がチカチカしてきます💦

 

一方、ポイントを意識したギャラリーの場合は。

 

全体的な色合いはお肉メインだからというのもありますが赤系で統一。

 

ちょっと分かりづらいですが

それぞれの写真を投稿する時に「ビネット効果」を使って

周囲を少し暗くすることで

中心にあるお料理の存在感を際立たせています。

※「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により画像の周辺が暗くなる現象です。

 

雰囲気の統一感を意識することで

見た人の記憶にしっかりと残るようなギャラリーを作ることができます。

 

余白でバランスをとる

 

意外と使っている人は少ないですが

一手間加えるだけで

圧倒的に見やすく美しいギャラリーに仕上げることができるのが「余白」。

 

デフォルトのまま投稿すると

上下左右にぎっしり詰まったようなレイアウトになってしまいます。

 

1枚1枚の存在感を強調したい場合などはこのままでも問題ありませんが

スマートなギャラリーにしたい場合は

余白をつけることでとても見やすくなります⭐️

 

比較

 

2つのギャラリーを見比べると見やすさは一目瞭然。

 

まず、ポイントを意識していないギャラリー

 

基本的に上下左右ぎっしり詰まっていて圧迫感があります。

さらに一部の写真には変に余白が入っているのでバランスが悪いです。

 

一方、ポイントを意識したギャラリーの場合。

 

上下に等間隔で余白があり

綺麗に収まっているように見えます。

 

ここでは上下のみ余白を付けているので

横は詰まっていますが

上下左右に余白をつけることで

より写真間の距離をとることができます。

 

ただ、あまり余白を大きくとりすぎると

写真が小さく見えてしまうため

調整は必要です。

 

余白を活用することで

美術館に整然と並んだギャラリーのような

好印象を与える演出をすることができます。

 

 

ギャラリーの作り込みで周りと差をつける

 

ギャラリーはフィード投稿が積み重なったものではありますが

ギャラリーの見え方まで意識して作り込んでいる人は

実のところあまり多くありません。

 

最初に触れたように、

魅力的なギャラリーを作ろうと思うと

計画性と先を見越すことが必要になってくるため

少し難しくなります。

 

 

ギャラリーでどう見せるかを先に考えてから

思い通りの並びになるよう

1回1回のフィード投稿に気を配らなければならず

少しでも順番やバランスを間違えると

総崩れしてしまうこともあります。

 

一度投稿した写真は、キャプションやタグ付は変更することができますが

写真を選び直すことは現在のバージョンではできません。

※削除することはできます

 

さらに、一目で見える9枚のギャラリーを

上手く作ることが出来たとしても

次の投稿をした瞬間、

最新の投稿が最も古い投稿と入れ替わるので

投稿のたびにギャラリーの姿は変わります💦

 

 

しかし、そこもギャラリーの面白さの1つだと思っています^^

最初は難しいかもしれませんが

何度か作っているうちに慣れてきて

作り込まれていくギャラリーを見るのが楽しくなってきます✨

 

難しい、面倒という理由でギャラリーにまで

気を配っている人は少ないですが

だからこそしっかりと作り込まれているギャラリーは

より光って見えます✨

 

将来のインフルエンサーとして

プロ意識を持って人を惹き込むような

魅力的なギャラリーにしていきましょう^^







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
えん

えん

ご縁を大切に♪ 本職のWebエンジニアから出来ることを広げようと色々画策中。 な教育担当兼採用担当兼ブロガー兼インスタグラマー兼フードコーディネーター。 浅く広くもいいけど最強の武器が1つほしい今日この頃(´ω`*)

-instagram

© 2020 ポンサラの逆襲