instagram

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのフィード投稿のポイント

投稿日:

 

インスタグラム運営第3弾では

インスタのメインコンテンツである「フィード投稿」について

解説していきます。

 

第1弾、第2弾はこちら✏️

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのアカウント作成手順

  長らくサボり気味だったブログの本格再開にあたり どんな内容だったら嬉しいか定期的に読んでくださっている読者さんにアンケートを取りました✏️   結果 ...

続きを見る

【マイクロインフルエンサー入門】インスタグラムのプロフィール作成

  前回はインスタグラムアカウントの登録を行いました✏️ ここからはいよいよアカウントの中身を作り込んでいきます。   最初にあなたのことを知ってもらう ...

続きを見る

 

思いのままに投稿するのもいいですが

いくつかのポイントを押さえると

より魅力のある効果的な投稿ができるので

ぜひチェックしてみてください^^

 

 

フィード投稿とは

 

まず、「フィード投稿」についてあまり聞き慣れない人もいるかもしれません。

 

通常投稿」や「通常post」とも言われる、いわゆる普通の投稿のことです。

最初はあまり使われなかった言葉ですが

ストーリー機能がインスタグラムに実装され、広く使われるようになってから

区別するように使われ始めました。

 

ちなみに「フィード」とはインスタを立ち上げた時に

最初に出てくるホーム画面のこと。

 

フィードでは、タイムラインのように

フォローしている人の投稿が次々流れるように表示されます。

 

そこに出てくる写真や動画を投稿するという意味で

フィード投稿」と呼ばれます。

 

 

フィード投稿でできること

 

フィード投稿で投稿することができるのは主に

・写真

・動画

・キャプション

の3つ。

 

位置情報やタグ付など、厳密に言えばもっとありますが

主要なものはこの3つになります。

 

インスタグラムでは、1回あたりの投稿で

10枚までの写真、動画を投稿することができます。📸

 

インスタグラムといえば写真のイメージなので

動画を投稿できることは知らなかったという声も多く聞きますが

写真と同じような感覚で動画も投稿することができます。

 

 

ただ、Youtubeのように長時間の動画をたくさん投稿すると

ネットワーク状況によっては読み込みに時間がかかってしまい

なかなか人に見てもらえない、なんてこともあるので注意が必要です。

 

キャプション」は、写真や動画の下に表示される文章です。

上限は2200文字と、かなりの文章を書くことができるので

ツイッターのように、書きたいことが入りきらないことは滅多にないと思います。

 

長文になったとしても

インスタグラムのフィードでは最初の方しか表示されず

もっと読みたいときは「続きを読む」を押してはじめて表示されるので

思い思いの文章を書くことができます。

 

 

魅力的なフィード投稿のポイント

 

フィード投稿を魅力的に見せるために

初心者には押さえておいてほしいの3つのポイントがあります✨

 

・フィルターを使う

・読みやすいキャプションを書く

・ハッシュタグを活用する

 

フィルターを使う

 

インスタグラムでは、投稿する時に写真を加工することができます。

 

明るさを変えたり、必要な部分を切り取ったりすることができますが

ぜひ使って欲しいのが「フィルター」。

 

投稿する写真を選択した後の画面で設定することができます。

 

様々なフィルターが用意されており

フィルターによって写真の雰囲気をガラッと変えることができます。

 

同じ横浜の写真ですが

右に雰囲気が明るくなるフィルターを使っています。

 

オリジナル

明るくなるフィルターを使用

 

反対にフィルターを使って暗くしたり、白黒にすることもできます。

オリジナル

白黒になるフィルターを使用

 

投稿を通じて伝えたいことや気分に合わせて

フィルターを使うことで

雰囲気が伝わり、より見る人を引き込むことができます。

 

意外と使っていない人が多いので

ほんのちょっとの手間で差をつけることができます。

 

読みやすいキャプションを書く

 

インスタグラムの主役は写真と動画ですが、

キャプションも非常に大切な要素になります。

 

綺麗な撮り方や、フィルターで興味を持った人は

キャプションにどんなことが書いてあるのか見にきます。

 

 

特に、ゆくゆくはインフルエンサー、インスタグラマーとして

インスタグラムをお仕事にしたい、

もしくは自分の商品やサービスを知って欲しいと思っている人は

キャプションの書き方を見やすく工夫することをおすすめします。

 

商品のPRを依頼したい企業の担当者も

投稿を見に来てくれた見込み顧客も

キャプションが無かったり読みづらかったりすると

期待する行動を起こしてくれなくなってしまいます。

 

書いてある内容ももちろん大切ですが

いかに読みやすくするかも考慮してキャプションを書きましょう。

 

改行を上手く使う

 

キャプションでは改行を上手く使うと読みやすくなります。

 

まず、インスタグラムに限らず普通の文章でも同じですが

1つの文をだらだらと長く書くと読みづらくなってしまうので

適度な長さで改行をしてあげましょう。

 

改行する時に注意したいのが

インスタグラムでは空白の改行を使うと

おかしなことになってしまう点。

 

例えば、投稿画面で

こんな感じに改行をつけて投稿するとします。

 

投稿画面ではとても見やすいですが

いざ投稿して確認してみると...

 

上手く改行がされず、なんだか見づらい文章になってしまいます。

これを解消し、見やすくするために

改行したい場所を空白ではなく記号にします。

 

すると、このようにすっきりと読みやすくなります。

 

改行や記号を上手く活用して

読みやすいキャプションを作りましょう✏️

 

ハッシュタグを活用する

 

インスタグラムやツイッターなどのSNSを使っていると

#インスタ映え

のような「#●●」の文字を見たことがあると思います。

 

この「#」を「ハッシュタグ」といい、

ハッシュタグの後にキーワードをつけることで

・検索でたくさんの人に簡単に投稿を見つけてもらえる

・何に関する投稿であるかが人に伝わりやすい

というメリットがあります。

 

ハッシュタグを使うのに難しい設定は必要なく簡単に使えるので

積極的に活用していきましょう。

 

実際にどんなキーワードを入れればいいか迷うかもしれませんが

投稿やアカウントの世界観に関連するハッシュタグを盛り込みましょう。

 

たとえば、次のような綺麗なライトアップの写真を投稿するとします。

 

この場合は

#夜景」「#ライトアップ」「#綺麗」「#オシャレ」「#新宿

のように写真や動画の内容に関するハッシュタグをつけることで

これらのワードで検索した人の目に入りやすくなります^^

 

ハッシュタグは30個まで入れることができるので

思いつく限りたくさんのハッシュタグをいれることをおすすめします。

 

ただし、明らかに投稿とは無関係のハッシュタグは

入れてもあまり意味がないので注意が必要です。

 

先程の夜景の写真に「#ファッション」というハッシュタグを入れたとして

ファッションの写真を検索してきた人が夜景の写真を見ても

「???」

ってなると思います。

 

また、明らかに売り込みや宣伝にしか見えないような

ハッシュタグだけを羅列した投稿も

嫌われやすいので避けた方が良いでしょう。

 

キャプションとのバランスが大切です✏️

 

 

魅力的なフィード投稿で惹きつけましょう

 

基本的に24時間で消えてしまうストーリー投稿とは違い

フィード投稿は削除しない限りずっと残り

プロフィールの下にリストとして表示され続けます。

 

企業が商品やサービスのPRを依頼するときは

必ずと言っていいほど注目する部分なので

特に気を遣って作り込んでいく必要があります。

 

趣味ではなく、将来的に仕事として使っていきたいのであれば

最低限ここで紹介したポイントはぜひ活用したいところ。

 

 

その他にもいくつかポイントがあったり

今回紹介したポイントの中でも

どんな場合にどのフィルターを使えばいいか

ハッシュタグの適切な個数、並べ方」などなど

工夫の仕方によっては、より効果を高めることができます✨

 

今回は最低限のものだけご紹介しましたが

応用編、上級編としてまた別の機会にお伝えできれば思います^^







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
えん

えん

ご縁を大切に♪ 本職のWebエンジニアから出来ることを広げようと色々画策中。 な教育担当兼採用担当兼ブロガー兼インスタグラマー兼フードコーディネーター。 浅く広くもいいけど最強の武器が1つほしい今日この頃(´ω`*)

-instagram

© 2020 ポンサラの逆襲